Method Not Found 前作との比較

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前作との比較

今日も須山カスタムシェルイヤフォンのお話です。
昨日に付け加えて前作の2ウェイとの比較です。




*追記、追加写真あり

今日は外出時にも3Wayカスタムを持ち歩きました。
繋げていたのはもちろん、TOMAHAWKです。
2ウェイモデルとの差は以下の感じ

・遮音性向上
 同じ型ではあるが、素材か製法の進化?
 フィット感は3つのカスタムシェルの中で最高
 電車内で泣いている子供が居ても殆ど気にならない



・解像度
 これも前2作中最高を誇ります。今まで聴こえていなかった部分が
 聴こえます。Knowles社のかなり新しめのBAユニットらしいですが
 Low側1発で良いのはこのユニットのお陰でしょう。
 その反面、TOMAHAWKの限界や低ビットの音源が分かってしまいます...



・ケーブルの取り回し
 今まではUEのケーブルでしたが、太さでは今回の方が一回り細いです。



 癖が付かないのでクルクル丸めても大丈夫。
 写真ではUEケーブルは緑っぽくなっていますが、これは長く使うと
 UEケーブルに出てくる典型的な現象です。
 こういうものは、今回のケーブルには無縁です。

・能率が高いのか、ボリュームは以前より低くても良い
 前作よりもはっきりとボリュームレベルは低くなりました。
 試聴時にも、低めでと勧められたのですが普段使いでも低めで
 十分に聴こえます。

・細かな気遣いが使い勝手を左右する



 赤丸部分の切れ込み部分にご注目下さい。この部分は取り外しの際に
 ケーブルを引っ張る様な事をしなくても良い様に付けられたものです。
 この切れ込みに爪の先を掛けて、やや上向き引くとテコの原理よろしく
 外れてくれるのです。



装着すると耳穴の下側にこの切れ込み部分がきます。

何故、3ウェイではないのか?

この辺を須山氏に聴いてみみました。須山氏は4ウェイまで自作してみて
3ウェイとか4ウェイは、音楽鑑賞に関しては余り意味が無いのではないか
との感想を持ったそうです(オフ会時に4ウェイは登場してます)。

だとすると、Wetone3に期待している私達には衝撃的な話です。
勝手に期待してはいますが、耳のプロは余り意味が無いと感じているという
意見は一つ検討してみる価値があると思います。

カスタムIEMを検討している人達への提言

プロ向けモニター用途のカスタム品は、ステージ等でサウンドエンジニアが
調整する環境での使用が前提です。ですから、ハイエンドだからという捉え方は
製品の性格を誤解している事になるかもしれません。
モニター用途は、モニター用途なのです。
私達個人ユーザーには、そうしたエンジニアも居ないしイコライザで調整を
施している訳でも無いじゃないですか?

そういう事から考えると、観賞用には観賞用に作られたカスタム品を使う方が
より良い結果をもたらすと考えられます。
そうした事を理解した上で各種のカスタム品を検討してみて下さい。

カスタム品をオーダーする際に気をつけたい事

・歯科治療は終わらせておく事
 噛み合わせが与える影響はかなりの物です。
 上下の歯を噛み合わせているか、開けているか。微妙な顎の角度で
 音が変わります。噛み合わせが変わる可能性があるときには、治療後に
 型を取りましょう。

 

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : イヤフォン ipod カスタムIEM カスタムシェル

コメントの投稿

非公開コメント

 一連の記事楽しく読ませていただきました^^。この切れ込みいいですね♪いろいろ考えて将来購入を考えてみたいと思います。しかし、子供の声が気付けないとなんかイケナイ大みたいな(オイ

子供の声以外にも電車内のアナウンスも聞こえません。路上でのカスタムIEM使用は非常に危険ですので、気をつけて下さい。
私はついついやってしまって数回ヒヤリとしております。

はじめまして

こんばんは。
最近AIRさんとのデートが減ってしょんぼりしているtakでございます。
一つお聞きしたいのですが
装着時に子供の声、電車内のアナウンスが聞こえないというのは音だし時でしょうか?
あるいは無音時で完全に車内アナウンスが消えますでしょうか?
ドライバーの数を増やすことには長所短所ありますね。。
それだけドライバー同士の相性を気にしないといけないですし、耳の穴に到達するまでの距離も変えなければいけないですし、適切なハイパス、ローパスも必要でしょうし。ドライバーが多くなると正確な定位は求めにくくなります。富士通テンなどはそうですが、フルレンジドライバー一発の場合定位は良いのですが、Fレンジはどうしても犠牲になります。
ただポータブルでの使用を考えるとやはり音質、Fレンジには限界もあり、(ポータブルCDトラポ&ポータブルDACなどをやればだいぶ良くなりますが、携帯性は・・)なかなか難しいところですね。。

音だし時ですね。

無音時でもかなり聞こえない部分はあります。下手なノイズキャンセリング等は要らないです。

音のバランスに関しては難しい部分があります。でも、国内で調整が可能という点が大きいですね。これがUEなんかの製品ですと、ニュアンスを伝える部分から壁となりますから。
もう暫く鳴らして(慣らして)再度調整を行う予定です。
プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。