Method Not Found 我レ 新兵器受領完了セリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我レ 新兵器受領完了セリ

さて、昨夜は業務の関係もあって神田のキャバry・・・・へ立ち寄ったので
須山歯研へ行く事が出来ませんでした。
本日はそういう事も無く、無事に2ウェイ3ドライバーイヤフォンを受領
することができました。

Low側に搭載しているBAユニットは、Knowles社
High側はultimate ears社でも馴染み深い Sonnion社




この組み合わせはUE-10Proと同じですね。もっとも、BAユニットは
異なるのですが...
(余談ですが、国内のプロユースではUE-10Proがかなり多いそうです)

とはいえ、そのままでは無くて試聴を行いました。

この2ウェイ3ドライバーで、カスタムIEMは3台目になります。
1作目は、シングルドライバーでベースにしたのはultimate ears社
3スタと呼ばれるsuper.fi 3 Studioでした。
2作目が、2ウェイでベースは同じくUE社のsuper.fi 5 Proです。
3作目にして、完全オリジナルとなりました。

・フィット感
前作と同じ型ですが、今回の方が断然フィットしてます。
電車内でのアナウンスは殆ど聴こえない程です。

・音場感
前作の2ウェイ2ドライバーから見ると1.5倍位広いかな

・音域感
最初はヴォーカルが引っ込んで感じました。
楽器は素晴らしく奇麗に聴こえます。

で、ヴォーカルが引っ込んでいるという話をするとヴォーカル押さえ気味の
設定とのことで、フィルターとコンデンサーを修正して貰いました。




赤丸部分は耳の外側、蓋の部分ですね。これは、組み立てまでは回転しますが
組み立て終わると....回転しなくなってしまうそうです。
当初は回転機構を検討したそうですが、可動部分が発生すると接触に不安が
あったとかで固定となりました。残念です。




四角部分は、ケーブルの接続部分です。ガイドが付いていて接続部が
見やすいですね。
今回使用しているケーブルは、警察無線に使われている耐久性が高くて
癖が付きにくいものです。
以前のケーブルはUE社のカスタムケーブルで、もっと太いし癖がついて
しまうのでちょっと取り回しには気を使いました。
また、UEからケーブルを買っていたらそのうちに須山氏にはUEがケーブルを
売ってくれなくなったとかいうエピソードがあったり...
そして、現在はGo-Vibe7にて強制エージング中です。

このサービスで作成されるイヤフォンは好みに合わせてフィルターや
コンデンサー果てはBAユニットまで選択出来ます。
こういう細かいサービスを海外へオーダーするってのはかなり疲れる話です。
須山氏の元には、UE社へオーダーしたけれども合わないから修正をして
欲しいという事で持ち込んでくるプロミュージシャンが多いとか。
耳型をとって、シェルを作る事も出来るしBAユニットもフィルターも
揃う訳ですから、その後は...UEへオーダーしなくてもベストなサービスが
日本で受けられる訳です。

このサービスが広まれば、UEのカスタムを作る必要がこれでかなり
無くなるのでは?と個人的には思います。


テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ポータブルアンプ ipod イヤフォン カスタムシェル カスタムIEM

コメントの投稿

非公開コメント

 確かに細かいサービスが受けられるのは国内ならではですよね。Music TO GO!のささきさんもUE-11に逝っちゃったみたいで、益々カスタムに興味持つ今日この頃です^^

UE11は

UE-11は音楽鑑賞機とは異なる製品だと思います。UEのカスタムは多分に鑑賞機よりもプロのモニター用途であるということを分かっていないとカスタムIEMというだけで飛びついて失敗してしまうこともあります。

この点、須山さんはモニター用途ではなく鑑賞機用の細かなカスタマイズに応えてくれます。
試聴して、ヴォカールがっと言えば
フィルターやコンデンサを調整してくれたりと...そういう事を英語でやり取りする時間は一般的には作るのが困難ですよね。

こちらでははじめまして。

先日はコメントありがとうございました。

音もさることながら、やはり自分だけのカスタムモデルという点が
なんとも心くすぐられるというか・・・。
MOVEの件でも思い知りましたが、やはり国内で、そして母国語で
お互いの意思疎通ができるというのは非常に重要だと思います。
私もいつかは!という気についなってしまいますね。

らっしゃい

おお、しゃけさん。いらっしゃい。
MOVEは音が良いだけに工作精度というか、設計の詰めの甘さが残念ですね。

カスタムIEMだと個人個人の好みを
反映出来ませんと意味が無いので
UEの製品でもそうしたやり取りが
できないとカスタムの意味が無いですよね。
須山氏のサービスはその辺りから国内プロミュージシャンの支持を得ている様です。

なるほど、カスタムなのに自分の欲しい音が求められないかもしれないのは確かに痛いですね。私はE4C→E500の時は、流石に音の進化を感じましたが、E500→TF10PRO(多分来月届きますTT)の時は好みで選んでると思うので、音のカスタムはある意味究極の製品と考えられます。値段も究極ですが^^;
プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。