Method Not Found JSDockケーブル聴き取りチェック!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JSDockケーブル聴き取りチェック!?

折角JSDockケーブルが4本になったので聴き比べてみようかと思います。
とはいえ、似たような傾向もあったりするからちょっと厄介です。





まずは、画像から所有しているJSDockケーブルを紹介っと。

右上:
Belden 87761 + Normal Dock + NEUTRIK NYS231G (全長13cm)
すっごく固いケーブルです。ちょっと驚きました。

右真ん中:
MOGAMI(Non) + NYS231G (11cm)
取り回しが楽です。

右下:
KIMBER + NYS231G (12cm)
やや固いですが、癖は付けやすいです。撮影用に伸ばしました。

中央:
JBL JSC-1000 + Shielded Connector + CANARE F-12(13cm)
大変柔らかです。CANAREなので、接続先には注意して下さい。

以上、所有しているJSDockケーブルのご紹介です。

MOGAMIとKIMBERは以前のエントリーで紹介済みなんですが、
今回は4本勢揃いって所で....

ボーカル入りの曲で行きましょうか...そうだな。
Sophie Milmanのセカンドアルバム「Make Someone Happy」から
お気に入りの「Matchmaker,Matchmaker」で比べてみようと思います。



さて、今夜のJSDockケーブル聴き比べ環境です。

今夜の環境
 プレイヤー:ipod nano 8G 第二世代
 アンプ:C&C XO 及び RSA TOMAHAWK
 イヤフォン:ETYMOTIC RESEARCH ER-6
 Dockケーブルは上記紹介の4本 と ALO CRYO Micro Dock
 比較曲:Sophie Milman「Make Someone Happy」からMatchmaker,Matchmaker

 基本的にC&C XOで行い補助的にTOMAHAWKで確認する場合もあり。
 イヤフォンは基本的にETYMOTIC RESEARCH ER-6 で行います。
 私の他のイヤフォンはカスタムシェルなので...でも、確認用に
 それらカスタムシェル品も使います。

 ALO CRYO Micro Dock:
 全体的に柔らかい感じです。そうですね、全音域柔らかめ?

 MOGAMI(Non) + NYS231G (11cm):
 ALO風の柔らかな感じもするが、上記品よりも締まった感あり

 KIMBER + NYS231G (12cm):
 高音の伸びが良い感じ。上記2品よりも音場が広い感じがします。

 Belden 87761 + Normal Dock + NEUTRIK NYS231G:
 KIMBERと似た傾向ですが、少しボーカルが近い感じ。

 JBL JSC-1000 + Shielded Connector + CANARE F-12:
 音場感はKIMBERより劣るかも。傾向はKIMBERやBeldeに似ている。

 ん~「感覚」的な部分もあるので中々表現も難しいですね。
 一気に5本もとかちょっと注意力が追いつきませんです。
 判断が困難なので継続調査項目に...

 ETYMOTIC RESEARCH ER-6 を数時間してから、UE系に取り替えると
 UEでよく言われる音の籠もりが実感できますね。
 3St等はちょっと勘弁してよ?! って感じで慌てました。
 昔はER6の特徴の無い音が嫌いで3Stに感動していたのですが...
 でSuper fi 5 proがベースになっている須山補聴器試作2Way2Driverは
 3Stよりも籠もり感がかなり減っていますが、ER-6の様な抜けの良い
 感じはありません。
 ん~これは、UEのTriple.fi 10 ProかWestone3か、須山君の所で
 もう少し抜けの良いのを作ってもらうか...かな?

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。