Method Not Found C&C XOポータブルアンプ:その使用感

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C&C XOポータブルアンプ:その使用感

C&C XOポータブルアンプの使用感をレポートしましょう。

iPod nano 8GとDockコネクタ経由で接続して通勤に使用しています。

xobk.jpg



イヤフォンはまだ掲載していませんが須山歯研の2Way 2Driver 試作型
Sonnion社製バランスドアーマチュアレシーバーを搭載しています。

この組み合わせで、単独で使用していた時よりもより広い音場感や
高音の伸びを入手することができました。
通勤電車での試聴環境としては、最高の一つではないかと思います。

物理的な制限という話でいくと、胸ポケットにギリギリ入る感じです。
nanoの幅は良いけれど、XOの幅がポケットを一杯にしていますね。

バッテリーの件ですが、カタログに掲載されていた数値を確認
インピーダンスをLowにしていれば、60時間。Highモードではその半分。
実験してみたところ、丸1日ちょいというところでした。

iPod nanoでの使用の場合には、ヘッドフォン端子からのminiケーブル
接続の場合インピーダンスモードはLowが良いと思われます。
試聴状態が不安定になり、ノイズが入ります。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。