Method Not Found iPhoneへの国内携帯メーカーの感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneへの国内携帯メーカーの感想

今日一発目のエントリーはコレです。

国内6メーカー担当者が実物を見て語った「iPhoneの衝撃と本音」
ということでNIKKEI NETに掲載された記事です。

iPhone発売前騒動は、一応納まりレビュー記事が上がってきていますね。
その中で日経さんは、タブーとも言えそうな日本の携帯電話開発会社の
担当者からの感想を記事としています。

例によって「アップルのモノ作り」礼賛っという感じですが、
日本携帯電話陣営の見ているところとアップルの割り切り部分が
面白い差ですね。

例)
爪で操作できないとかいう部分はアホかと思いますが...ローカルな視点過ぎます。
内蔵カメラの画質が悪いとか
スピーカーの音が悪いとか
日本メーカーはそれを追求してしまって、単品製品の市場を奪っています。
SONYウォークマンはiPod対策の中で高音質のイヤフォンを付属させています。
それは自社のイヤフォン市場にとって良いのか悪いのか...
アップルの手の抜き方と日本メーカーの対比されていると思います。

私が注目したのは、日本メーカーの開発経緯の部分でした。

「例えて言うなら、日本のケータイはリフォームを繰り返した、築何十年の注文住宅なんです。どんなに、内装や外装は変えられても、基本構造の梁や柱は変えられない。一方のiPhoneはオール電化でバリアフリーが完璧のデザイン住宅。どちらが住み心地がいいのかなんて、一目瞭然です」(B社マーケティング担当)。



この部分です。ええ、電話だけではなくて所謂
「IT業界(Web系ではないですよ)」が何か開発するといっても、
似たようなパッケージへの追加とか以前納品したものへの
機能追加とかそういう「派生開発」の形態が多くて「新規開発」と
呼べるようなプロジェクトは非常に少ないのが現実です。
携帯電話もそんな感じなのでしょう。ワンセグが流行ればなんでもワンセグ...
また、キャリアの強さ故にメーカーが作りたいモノを
作れないという話も聞きます。
日本の小さい市場を巡ってパイを分け合う事をしていたら、
国際的な競争力を失ってしまい、今またiPhoneに怯える...

テーマ : iPhone
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。