Method Not Found RSA The Intruder

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSA The Intruder



RSA The Intruderのバーンインがやっと完了しました。通勤時と帰宅後の夜間運転の賜物です。
The Intruderはfully balanced portable amp と言うことになっていますが、残念ながらバランス入力
手段を持っていません。今は出力だけバランスとなっています。
ALOから販売されているFitEar向けのバランスケーブルを使ってFitEar MH334で使っています。

alofitear1.jpg

このバランスケーブルはまとまり難くてやや取り回しに苦労をしています。
須山補聴器ではバランス利用については「使える」と発言していません。にも関わらずALOからの製品??
取扱いを始めていたeイヤホンさんに問い合わせましたが、「ALOが使える」と言っているという事です。
ここまでしか書けませんw (禁則事項です はぁ~と)
私のケーブルはALOからの購入品です。半月程経過していますが、問題は発生しておりません。

The Intruderとバランス接続334:
ライブラリを全曲聴き直す価値がある と感じています。
また、ヘッドホン要らないんじゃないの?と思わせる所もあります。その位334を鳴らしきってます。
音場感としてはPicoに近いものがあります。Picoが全周360度をすっきり見渡す見張り所で、
The Intruderのそれは高精度3次元レーダー装備のイージス艦のCICって所でしょうか。
Picoで感じられる低域の不足感はThe Intruderにはありません。
ポータブルでのバランス??というものについては以前から疑問と疑念を持っていたのですが少なく
ともThe Intruderと334の組み合わせではその「疑問と疑念」を払拭してくれました。
左右だけでなく奥行きも深く聴かせてくれます。この辺、ALOケーブルが貢献しているのかバランス
接続故か判断が難しくて、FitEarのケーブルをバランスコネクタに仕立て直したケーブルがあれば
切り分けができると思っています。
手配するしかないのかな~(注意:須山さんではそういうことはやってません)
昔から言われていますが、RSA製品はなんといってもHighゲインで聴くのが一番ですね。
文句を付けようと思ってもそういう所が殆どありません。

一番良く使っている組み合わせはiMod miniとの接続です。他にはSONY A-857も接続してみましたが
SONY A-857とは相性がよろしくありませんでした。今頃A-857?と思われますがハードウェア
ボタンで利用できる点を重視しました。touchパネル採用のプレイヤーは曲送りなどが面倒と
思った為です。ハードウェアボタンならポケットに入れていてもそのまま使えます。
touchパネルだとそれは困難ですよね。

rsaintruder2.jpg

この右横出しのDockケーブルも実はRSA製品です。写真からも解ると思いますが、良くあるプレイヤーと
アンプの接続では正面で完結しますが、The Intruderではバランス入出力の都合上そうも行きません。
シングル/バランス問わず入力は後ろからとなります。
普通のDockケーブルではお尻からのケーブルが気になったので横出し形式のDockケーブルを探した次第です。
これなら後部からの出っ張りも最小限に抑える事ができます。
機能的な面を優先して入手したのですが、このRSA Dock音が良くて驚きました。
「mil specs wire」ミルスペック!すなわち軍仕様の耐久性を持っています。

It is also very expensive as this wire has gone through all kind of tests being that of the salty water environment or icy cold outer space or to hell & back kind of heat.

ワイヤーよりiPodやアンプの方が先にイカれそうですよw
このRSA Dockの音が良かったのは全くの想定GUYでした。凄く嬉しい想定GUY、注文ミスをして届いた方から
譲って頂いたので少しお安く入手できた次第。幸運でした。
飾り気が全くない地味な外見ですが、RSA Dock侮りがたし

The Intruderの前面を見てみましょう
RSAIntruder00.jpg

右端のコネクタは一般的なイヤホン用シングル接続です。その左隣がバランス接続用コネクタです。
ボリュームの右隣り・・・GAIN設定です。RSA製品では良くある3段階、High-Low-Mid。注目すべきは
これ左右別々のGAINを設定可能な点。ハイ、はっきりいって無駄かと思いますw 拘りなんでしょうかね~
バランスたる所でもありますけれどもRayさんの拘りにニヤっとする所だと思いました。

お次は後面です
RSAIntruder01.jpg

右端がシングルインプットつまり、一般的なDockからの接続部分です。インプットセレクターを挟んで
バランス接続コネクタ。このセレクタを倒している側からの入力を採用します。
バランスコネクタの左はDACとして使う場合のセレクタです。シングル入力での使用をしているのでセレクタは
下に下がっています。
DCコネクタとUSBコネクタという順になります。ちなみに充電時のステータスはACアダプタのランプ色で判断。
充電完了となるとグリーンになります。アンプ側ではその状態がわかりません。
電池状態がわかり難いトラップがあります。スイッチを入れて赤くLEDが輝いているが音が出てこない!
もう少しわかりやすい色でお願いしたい所です。

The IntruderはDACも搭載しているので左端にあるUSB端子に接続可能なAndroid4.1以降をサポートしたデバイス
ならポータブルでのデジタルサウンドも楽しめます。
Androidでこれができるデバイスは少数ながら存在していますが、まだ当分普及には時間が掛かりそうです。
こうした製品が出てくるのが先かLightningコネクタでのデジタル出力をAppleが解禁するか。
実現してくれればDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプによる新時代が開くと思います。
The Intruderはまだ販売されてから数ヶ月と言うこととバランス接続への敷居の高さから余り目にする機会が
無い事はとても勿体無い事だと感じています。
すっかり魅了されているので当分は私の主力機の座に就く事になりそうです。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ipod ポータブルアンプ バランス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。