Method Not Found iMod mini

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMod mini

imodmini.jpg


某所に依頼していたiMod miniが到着して暫く経ちました。iPod Miniは発売当時に購入して使っていたことがあります(2004年なんですね、随分昔の様に思います)。当時は音源もMP3で128位のビットレート、イヤホンもiPod付属品の白いものを使っていました。そのうちに勝手に「音が悪い」と思い込みまして友人に譲っていました。なので、iPod miniは2台目になるわけです。

そもそも最近は音質的に優位な中華プレイヤー等も出て来ているので今更な印象を受ける人もいらっしゃるのでしょうけれども、それらのプレイヤーは容量的には大いに不足していますし、操作感はお世辞にも褒められたものではありません。iTunesに繋いでポンが出来るところもそうですが、音質のみを優先している訳ではないユーザー層にとってiPodはいまだ有力な存在であるのではないでしょうか?

以前からiPod miniを改造して使っている方に見せて頂いており、コンパクトなボディに大容量のCFを搭載することでnanoを越えた存在感に大きな魅力を感じていました。バッテリーやCF交換だけなら自分でやろうかと思いましたが、Mod加工がありますのでノウハウを持つ方へお願いしました。

seagate4g.jpg

もともと内蔵されていたseagateの4G MicroDrive

iPod 5GのMod化と同じで今回もコンデンサは本体内蔵形式になっています。これで既存のDockケーブルがそのまま使える訳です。ここは私としては非常に重要なポイントでした。
バッテリーはMUGEN POWERの物を購入、CFはSUPER TALENTの32Gを使用しました(450倍速)。Mod化についてですが、iPod Miniではイヤホン出力も改善することが可能なのでこちらも改造して頂いています。

ファームウェアの方はRockbox3.8.1で運用しています。純正ファームは余り使わなくなってます。そういえば、Rockboxの導入などを解説されていたサイトが何時の間にか無くなっていましたね。最初の頃には大いに参考にさせて頂いていたので残念な気がします。今は大分日本語化も進んでいるのでそんなに解説要らないのかな...

modmini2.jpg

普段使いのiMod 5G/Bispa 03BのセットとiMod mini/HA-10 mini 並べてみると大分違いますね。重量としてはもう半分以下って感じです。容量としてはも半分位じゃないでしょうかね?

アンプに接続して使った場合でもminiの方が好ましく聴こえる場合もあって嬉しい驚きです。特に低域が良いと思いました。miniのイヤホン出力からでもその傾向は強く、低域のパンチ力に改めて驚きます。
今更なiPod miniではありますがnanoがどうしても大容量化に行かない所があって残念なので暫く軽装備時に使用機会が増えることになると思います。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ipod imod

コメントの投稿

非公開コメント

イヤホン端子からラインアウト

ipod miniはイヤホン端子からラインアウトをとれるということですが、そのやりかた分かりますでしょうか?
ぜひ分かるのであれば教えてほしいのですが

Re: イヤホン端子からラインアウト

> ipod miniはイヤホン端子からラインアウトをとれるということですが、そのやりかた分かりますでしょうか?
> ぜひ分かるのであれば教えてほしいのですが

いみるさん
お返事が遅くなりました。残念ながらその方法は知りません。私の改造は自分で行ったものではないからです。
プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。