Method Not Found Arrow の二つのバージョン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arrow の二つのバージョン

発売を期待されていた一方でなかなか出荷状態になっていなかったheadstageArrowですが、年末頃から
出荷が開始されており、現在では日本から注文していた人の手元にも到着しているようです。
私も期待していたのですが、その出荷時期が不透明だった為にオーダーを躊躇してました。

そのArrowですが、いつのまにか2つのバージョンが出ています。

後から追加された方は「Standard」ということでお値段も200$を切る199ドル$ということで中々お手ごろに思えます。

じゃ、Standard Version と High Efficiencyどこが違うのか? 気になりますよね。お値段の差は50$・・・微妙なところです。

大きな違いは電圧と動作時間にあるようです。

Standard Version
• 36 Hours Play Time in Lowest Power Mode (5V)
• 23 Hours Play Time in Highest Power Mode (7.5V)

High Efficiency
• 36 Hours Play Time in Lowest Power Mode (5V)
• 15 Hours Play Time in Highest Power Mode (12V)

原則論からいうと電圧が高い方が良い音がでるわけで・・・個人的には15時間動くなら十分かと思いますのでHigh Efficiency
版でも動作時間についてはそれほど問題はないと思います(できれば20時間欲しかった)。
High Efficiency版では動作電圧7.5Vが無いのが残念ですね。
7.5V動作と12V動作を聴き比べてみたいものですが、こういう店頭にならばない製品はそうした比較が困難なのが恨めしい
ところです。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ポータブルヘッドホンアンプ Headstage

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。