Method Not Found ALO 新アンプ国内でも発表アリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALO 新アンプ国内でも発表アリ

ALOの名前が長い新型アンプですが、早々に日本取り扱い発表がありました。

ALO、薄さ12.7mmのポータブルヘッドフォンアンプ
-実売48,000円。純銀線採用のオーディオ用USBケーブルも


えーっと高すぎです...ALOで買えば345$です。本日の為替市場でみると・・・1ドル=90円31銭~32銭です。
もともとちょっと高くない? っという価格設定ではあります。
91円として見ても31395円となります。実際の決済時にはもっと高いレートとなりますが、48000円ってのは

                          無しですよね!


電源はかなりパワーがありそうに書いてあります。
いや、でも電池の話しだけされてもなーというのが正直なところではあります。
オペアンプの話しすら書かれておりません・・・
実際には悪くない製品かと思うのですが、如何せん割高に感じてしまいます。
これなら、他製品買う人が多いのではないかなー。量販に並ぶと高いと偉い式でそこそこ売れる?

電源として、3.7Vのリチウムイオンバッテリを2個搭載。9Vバッテリを使用する今までの製品と比べ、アンプ駆動が容易となり、音質が向上したという。同社では「どんなイヤフォンやヘッドフォンに対しても、繊細な音を再生することができる」としている。



充電時間2~4時間で、17時間~30時間の動作ができる。


この辺は水準って感じです。大抵の製品はこの辺りの事が満たしてますから特別とは言えません。

笑ってしまうのではUSBケーブルで「純銀」とかやってきちゃうところでしょうか。
これ笑うところですよね?

しかも、Cryo (クライオ)です。銀も銅も幾ら冷やしたところで構造は変化しません。
だから音が変わる事もあり得ないのです。
医療系ならこういう製品って摘発の対象になりますが、オーディオ業界は大変緩いですね。

こうした「擬似科学」に引っかからないように オーディオの科学 を一読されることをお勧めしたいです。

ケーブル線材についての3つの迷信

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ALOの新アンプ、気にはなっていたのですが、値段が…

代行サービスとかを使う自分ですが、多めにお金がかかるとしても¥38000ぐらいで手元に来ると思います。
そういうまどろっこしいことしなくていい人なら代理店通さずに本家から買うでしょうね。
売れるかどうかわからないものを輸入するから少々リスクをとるのも仕方ないのはわかるのですが…

USBケーブル、技術さえあれば三分の一ぐらいのコストで純銀USBケーブル作れそうですね。

USBケーブル変えて音にそんなに変化があるんだろうか?とか思います。まあ、ポータブルのミニミニ銀線でも「違う…かな?」って感じの自分の耳には無用の長物ですね。試すだけ試してみたい気もします。

長文乱筆失礼しました。

Re: No title

コメントありがとうございます。
ちょっとALOさんは自分達の製品価値を高く見すぎの様に思えてなりません。
音は悪くないんじゃなかろうかと思いますけれども、ちょっとなーです。
何時もより正直に書いてしまっていますけれども。

銀線は人によって評価が分かれますね、難しいところです。
でも、USBケーブルでやる意味合いが全く不明で笑ってしまいました。
水商売ならぬ、ケーブル商売って感じですね。

No title

価格はこんなもんじゃないですか?
実際は小売店に入って値も下げるでしょうし、ニッチな産業だから仕方ないでしょう。

それにしても、ZorottoさんはALOにだけ厳しすぎやしませんか?
音が重要なのであって誰もOPAMPなんか気にしませんよ。
PicoやSR-71Aだって記載してないですし。

電池にしても、水準だろうがなんだろうが、どうでもいいでしょ。
むしろ薄型のアンプであることを考えたら優秀だと思いますけど。

私はケーブルについては否定的な見方ですが、
純銀は金属中、最も抵抗値が低いんですし理に適ってるんじゃないですか?
少なくとも銀に金やらプラチナやらを混ぜて抵抗値をバカみたいにあげてるよりはマシです。
そのケーブルを使って、『音がイイ!』と感じている貴方にだけは言われたくないと思っているに違いないでしょう。

ALOは確かに高いですけれど、オリジナルの線材とミニプラグでは最も高価なパーツを使用していますし、
業界トップクラスのサポートに料金を払っていると考えれば高すぎると言うほどでもないのでは?
私の場合、一年半使ったiMod Dockが故障した際、保証切れにも拘らずすぐに新品を送ってくれましたし、
Vcapが調子が悪くなった際も、すぐに新品になって帰ってきました。

M33の時も価格についてメールしたり、今回のようにネガキャンとしか思えないような記事を書いたり、
いくらブログとは言え、失礼すぎやしませんか? 
見ている側からすれば、どんだけALO嫌いなんだよ!、と思えて仕方がないです。
 
オーディオの科学の件も、あくまでも同じ抵抗値、同じ構造であれば差が出ないとしているだけであって、
長さ、太さ、構造が同じであれば聞き分けられるかどうかは別として、差自体は出ますよ。
まあ、クライオはトンデモ技術ですが、色々と変な風に解釈なさってるようにしか思えません。

そんなに価格が気になるなら、JsさんやDockstaarさんに価格の理由を聞いてみてはいかがですか?
市販の1m数百円の線材で作った15cmのケーブルを6000円で売ってるんですよ?

以前から頭の悪そうな記載が目立ちましたが、せめて文句を言うなら購入してから言って下さいよ。
もう少し不特定多数に閲覧されることも考えてください。 非常に不愉快です。

Re: No title

piilさん、コメントありがとう御座います。
こんなに長いコメントは初めてではないかと思います。

折角の長文コメントですので私も思うところを書かせて頂きます。

>価格はこんなもんじゃないですか?
>実際は小売店に入って値も下げるでしょうし、ニッチな産業だから仕方ないでしょう。

とありますけれども、納得されている理由に今一理解しかねます。
ニッチな産業だから仕方が無い。とありますが、何が仕方ないのでしょうか?
345$の商品ではありますが、販売価格で仕入れているとは思えません。
直接の仕入れにしても8掛け程度の仕入れだろうと思います。
もろもろ諸経費が掛かる事は私も理解できるのですが、一寸高いと思っています。

>それにしても、ZorottoさんはALOにだけ厳しすぎやしませんか?
>音が重要なのであって誰もOPAMPなんか気にしませんよ。
>PicoやSR-71Aだって記載してないですし。

ALOというよりも、プレスリリースの内容に突っ込み所を感じてしまったので
いつもより挑発的に書いています。
おっしゃる通り、大事なのは音です。そこは私もわかって居ます。
オペアンプだけでもコンデンサだけでも確かにどんな音がするかはわかりません。

音に関する目安をつける為にオペアンプの情報ですとか何かしらあっても良いと思いますが
如何でしょうか?
ですが、プレスリリースを読むと主に書かれているのは内蔵電池の事です。
これでどうやって良い音がすると思えるのでしょうか?

RSAはオペアンプを書きませんよね、そうです書かれていません。
でも、そういうことを言われません。

Picoはオーダーページでは書かれていませんが、AD8397であることがHead-fiで書かれております。
とはいえ、オペアンプだけで音場が広い事とか低音がちょっと不足していることは分かりませんでした。
同じオペアンプでもHeadstage製品との差が明白だったこともありますから、ご指摘の内容は正論であると思います。

本製品はALOさんとしては初めてのオリジナル製品です。
それなのに電池の事しか書かれて居ないリリースからRSA製品や他のビルダーと同様の信用や
期待をどうして出来るのでしょうか?

#私はRSA信者という訳ではありませんけれど、ある程度は信用しています。
#妄信というのは確かに危険ですけれども。

>純銀は金属中、最も抵抗値が低いんですし理に適ってるんじゃないですか?
USBのデータ転送方式に対して銀が有利であるとお考えになる根拠は抵抗なんでしょうか?
銅のケーブルでもちょっと太くすると銀と同じ抵抗を出すことが出来ます。
その程度の差しか無いことまではご存知でしょうか?

オーディオの科学では抵抗値で音が決まるという事は書かれていません。
寧ろ、銀や銅という固有の音は無いとされています。
ただし、合金の様な極端な抵抗差がある場合にはなんらかの影響はあろうと。
私も最近はAugを余り使いません。一番良く使うのはMogamiとベルデンです。
Augの音はどうもコクが足りないラーメンのスープみたいでしてその辺は記事でも書いています。
音の感じ方はその日の気分でも変わりますから、そこを指摘されるとなんとも言えません。
10本位Dockケーブルがありますが大抵は前述の製品ですね。
たまには気分を換える為にAugとかADQ等を使ったりもします。
piilさんが好きなケーブルはどこのケーブルですか?

>
ALOは確かに高いですけれど、オリジナルの線材とミニプラグでは最も高価なパーツを使用していますし、
>業界トップクラスのサポートに料金を払っていると考えれば高すぎると言うほどでもないのでは?
私の場合、一年半使ったiMod Dockが故障した際、保証切れにも拘らずすぐに新品を送ってくれましたし、
>Vcapが調子が悪くなった際も、すぐに新品になって帰ってきました。

なるほど。サポートは良いんですか。私はこういうALOのサポートについては初めて聞きましたので
関心しました。皮肉ではありませんよ。しっかり高品質パーツを使っているし、サポートも良い。
満足されているのですね。そういう部分については私は否定するコメントはありませんし、
過去にもサポートを否定したことは無いと思います。

>M33の時も価格についてメールしたり、今回のようにネガキャンとしか思えないような記事を書いたり、
>いくらブログとは言え、失礼すぎやしませんか? 
>見ている側からすれば、どんだけALO嫌いなんだよ!、と思えて仕方がないです。

あなたがALO製品とサポートに満足していることは分かりました。
ALOさんがサポートには力を入れているという情報も頂きました。
そのあなたの感じ方にやサポートについては否定していませんし、しません。
価格とプレスリリースについての突っ込みをさせてもらったというのがその真意です。

>そんなに価格が気になるなら、JsさんやDockstaarさんに価格の理由を聞いてみてはいかがですか?
>市販の1m数百円の線材で作った15cmのケーブルを6000円で売ってるんですよ?

私は作らない人なのでそうした加工を行う人の作業料と考えています。
とはいえ、流石に1万とかのDockは考えてしまいますね。
折角のご提案ですから、営業を再開されたJsさんに価格の中身を問い合わせてみたいと思います。
何でもカンでも高いって話しで難癖をつけているのではないんですけれども・・・

>以前から頭の悪そうな記載が目立ちましたが、せめて文句を言うなら購入してから言って下さいよ。
>もう少し不特定多数に閲覧されることも考えてください。 非常に不愉快です。

頭が悪そうですか・・・そうですね、突っ込み所を用意しておかないとなーと意識してますし、
おっしゃる通り頭が悪いかもしれません。
以前から来訪して下さっているご様子ですけれども、不快な所でしたら来訪されなくてもと思うのです。
あなたに押し付けて見せてしまったのなら申し訳ないのですけれども。
そういうことはしておりませんので誤解の無い様にお願いします。

色々な事でお怒りのご様子ですが、ALOさんに失礼と言いながら人のことを頭が悪いと書いてくるのはもの凄い矛盾ではないかと思うのです。

とはいえ、必要以上に挑発的だったかと思い少々反省してしまいました。
ALOさん御免なさい。でも、ちょっと高いと思います。
MixWaveさん、電池の事しか書かれていないプレスリリースは良くわかりません。
その中で値段だけが目立っていたので弄ってしまいました。

Re: Re: No title

piilさんからあったケーブル価格についての問い合わせをしてみては という問いかけに
したがってJsDockさんにその価格について聞いてみました。
残念なことにちょっと遠慮させてくださいとの事でした。

また、良く言われる 抵抗値が低いから銀が有利であるという話は再考すべき話しかもしれません。

銀の抵抗値:比抵抗値:17.2 nΩm(20℃)
銅の抵抗値:比抵抗値;16.2 nΩm(20℃)

銀は最も抵抗値が低いと言われていますが、具体的な数値は知らない人が多いと思います。
そこで銅の抵抗値をと並べてみたのですが、0.6nΩmしか差はありません。
約6%しかその差は無いのです。
抵抗の計算式を理解している人ならば、銅のケーブルをほんの少し太くするだけで抵抗値と
してだけなら、銀と同じに出来ることも解るでしょう。

同じ抵抗値になった銀と銅の同じ構造のケーブルを聴き分けられるのでしょうか?

抵抗値を理由として銀が良いという主張もありますが、日本では合金で抵抗値の高い
オーグラインを好む人が多くいるという現実には面白い物を感じます。

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。