Method Not Found 須山private333を試聴してきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須山private333を試聴してきました

今週は湿度が高くて日中はとてもだるい日が多かったですね。
そんな暑い日の午後の仕事を片して銀座の須山補聴器へ333の試聴へ行ってきました。
朝お電話をして試聴時間の予約をしました。湿度が高くて銀座を歩くのが辛かったです。
この日程ランチビールをしたい日は無かったですね。

333test.jpg


私がこの2年近く使っているモデルは323の試作機みたいな位置にあります。
その前にUEの3stと5proのカスタムシェルを作っているのでインプレ的には
もう何も問題が無いくらいにフィットしています。

本当は435も欲しかったのですが、私の耳は小さくてその容量が問題となり
難しいということなり購入を断念していた経緯があるので333は久しぶりのカスタム
更新になるかなと期待をしています。

さて試聴しての感想ですが・・・
写真の様に一般的な市販イヤフォンの様なデザインです。個々人に合わせたシェルでは
無いので遮音性等が実際に制作されるものとは異なりますが傾向を掴む事は出来るでしょう。

iPod5.5に直刺しで聞いているとボリュームは45%程度で充分でした。
323はフラットで高音が美しい美音系のつくり。特に私は使い始めた当初はヴォーカルが
引っ込んで聴こえる位にその辺調整されていたものです。

333ではスネア系が凄く目立ちますね。あ、聞いているから耳立つ?
低音周りの出方がカスタムシェルでもない試聴器ですら323よりずっと目だってますね。
これでカスタムシェルに納まるともっと低音がでる事になるなら、低音を押さえる調整が
必要となるのかと思います。
今までの音にすっかり慣れてしまっているのでこういう感想になってしまいますが
使ってゆくと慣れてしまう事でしょう。

音場感は323よりも少し広めと感じました。

以上の様な感想を須山氏へお伝えしたところ、こんな返事が来ました。

「333は当初から435に対し逆方向で設定をと考えておりましたが、なんとか製品と
してのセットアップが完了しました。435もハマる曲だと良いものの、どうしても
ジャンルを選ぶ設定だったため、好みは別として破綻しにくく、またカスタムに
求められる一つの要素であるローの確保をすることができました。
ハイについては出る/出ないより明瞭感の改善を目標にしています。」

ふむ。323とは明確に傾向が異なりますから使い分けも出来るでしょう。
現在はまだ混みあっているという事なので323が2周年を迎える9月近辺にオーダーを
したいと思っています。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : イヤフォン カスタムIEM 須山補聴器 private333

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。