Method Not Found DOCKSTAARケーブル DS-ADQとDS-AUGPt

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOCKSTAARケーブル DS-ADQとDS-AUGPt

daadq02.jpg


今回はDOCKSTAARさんのDockケーブルAudio QuestとAUGPtのファーストイン
プレッションをお送りします。
長いことその納期が気になってしまっていたのですが、やっとユーザーになれました。
ですが、DOCKSTAARさんは現在も新規注文の受付は停止状態ですので掲載しても
入手が難しい事から躊躇してしまったりもしますが、素晴らしい製品ですのでご紹介
したいと思います。

DOCKSTAARさんのDockケーブルについて、ネット上で良く見かける感想としては
「製品がとても綺麗」「パッケージ(梱包)が丁寧」というものがあります。
手元に来て見て納得しました。
一つ一つが紙製のパッケージに納まっていて開封するとDockケーブル自身も
エアパッキンを熱処理したものと製作者からのメッセージの紙片入りという
内容には確かに感動を覚えます。
Dockケーブルでここまで丁寧な製品パッケージは例を見ません。
ALOから購入した時もケーブルだけが封筒に入って送られてきましたし、
MoonAudioでも同じでした。
インパルスさんのDockケーブルは店頭でビニール袋に入れて手渡し
(タイヤキ売ってるのと感覚的に変わらない距離感を面白く感じます)です。
店頭であれば、色々とフォローも出来ますが通販のみという場合こうしたパッケージに
工夫をすることで顧客との距離があってもそれを逆手に取った演出で製品価値を高める事が出来る好例でしょう。
個人での制作・販売をこのレベルでやられると会社組織、それも個人営業で無い所は
大いに勉強して貰う必要があると思いますよ。

dsadq.jpg

DS-ADQ:
ここ暫くはインパルスさんのAUGptを使っているのですが、DS-ADQを聴いた途端に
気に入りました。ええ、ゴージャス感で一杯というのがその時の印象です。
特にビッグバンド系の曲はその賑やかさを充分に引き出せていると思います。
元気の良い曲を更に元気にしてくれる という感じですね。
オーグ系よりも高音のエッヂが立っている気がします。
切れが良いというのでしょうかね(分離がよい)。
低音はオーグ系よりもタイト感を感じます。オーグ系の方が緩い様に感じますので
緩いのが好きな人はちょっと好まれないかもしれません。
緩いアンプに付けると丁度良いかも。 こういう調整が好みで出来る所も楽しみですね。

MH Audio HA-1で暫く聴いていたのですがHA-1はゲインが高く元気一杯で、
やや低音があっさりとした傾向ですがDS-ADQを経由すると低音不足を余り感じさせずAUGptよりも合っている気がしました(ADQもやや音圧高めな効果か?)。
AUGptは他の方も書かれています様に高音はとても綺麗ですが、中・低はアッサリ感を
感じていました。このアッサリ感は、最初は良いのですが長く使ってくると、物足りなさを
感じてしまいます。ラーメンに例えるとコッテリが足りないという感じ(伝わりますかね)。
DS-ADQではそれが充分供給されていて聴いていてとても楽しくなると感じました。
この感想をお伝えしたところ、DOCKSTAARさんからも「ADQに戻ってくる人が多いです」というコメントを頂きましたがなるほど納得。
是非ADQを聴いてみて欲しいと思います。

ケーブルが硬いので気をつけてあげる事が必要です。私は納品されてから一切曲げていません。
流石に、ここまで硬いと曲げるのが怖いです。
また、太めのカナレですので幅の狭いアンプでの運用時には隣のプラグと干渉してしまう
かもしれませんのでここも注意が必要です。

詳しい製品仕様についてはこちらをご覧下さい。
DS-ADQ:
http://dockstaar.dtiblog.com/blog-entry-24.html

DS-AUGpt:
DS-ADQに引き続き、DS-AUGptもその感想を上げたいと思います。
インパルスのAUGptもあるのですが、同じ線材でもそこに違いがあるのだろうか?
という所をちょっと聴いてみているのですが、また別エントリーとしますね。
AUGは色々な人がレビューしているので私はアッサリに留めておきます。

特徴的な高音はAUGよりも更に頭一つ出ているという感じですね。
また、先に書いたADQよりも高音は綺麗に出ていると思います。
ギターの弦の響きやピアノソロ等がとても気持ち良いですね。
中・低音はアッサリしていると思いますがJazzTrio等を気楽に聴くのには気兼ねなく
使えています。また、どちらかと言うとエッヂが緩い気がします。
曲によっては高音が耳にキツイ事がありました(女性Rockヴォーカル等)。
(これはDSさんのAUGptもインパルスさんのAUGptも同じ傾向に感じました)
音圧が高いアンプだとこれが更に強烈に感じます。

ケーブル長は短めでiPodとアンプの組み合わせ時にも適度な長さです。
ADQだとケーブルが硬くて気を使うのですが、AUGptですとそこまで注意しなくても
良い状態と思っています。
断線してしまった事がある方どの様な状態でそうなったかお知らせ下さい。

詳しい製品仕様についてはこちらをご覧下さい。
DS-AUGpt:
http://dockstaar.dtiblog.com/blog-entry-56.html

「毎朝ネクタイを選ぶように、そのときの気分に応じて気軽に音色選びを楽しみたい。」
というDOCKSTAARさんのメッセージに合わせて、私が愛用するDrakesのTIEを背景に
してみたりしたんですが、どうも上手く撮れていませんね。室内がどうも暗いのが良くない...
AUGptの写真はまた後日追加します。

補足:
DOCKSTAARさんはとても丁寧なメールを豆に返信して頂きました。
こうした対応はとても安心できます。
最近のweb通販の多くはシステム化されていますが、こうした個人ベースのビルダーさんとの
やり取りは実に楽しいものですし、ここからまた信頼が生まれて次の注文にも
繋がる事になりますので手間だろうと思いますが、これからも継続して頂きたいと
思います。
特に最近は海外のDockが国内代理店を通して流通し始めましたが既に日本では
適価にて良質なDockケーブルが供給されていますから、そう簡単には数字が
上がらないのでは無いかと思います。日本勢の奮闘を期待しています。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ポータブルヘッドホンアンプ Dockケーブル ipod イヤフォン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。