Method Not Found アップルの意見書を支持します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルの意見書を支持します!

皆さんはCNETの記事をみましたか?
アップルが日本の文化庁のやり方を厳しく非難しているという記事です。

・いわゆるiPod課金と呼ばれる制度について、アップルを閉め出した
 検討会にて審議が勧められている。

・文化庁やJASRACに都合の良い事を言う「有識者」を使って消費者代表に
 説明をしている。

まぁこうした事をアップルは指摘しているわけです。
ipod課金構想の恐ろしい所は権利者団体(JASRAC)の言うがままに
なりそうな所です。彼らはハードディスクにまで課金するとかいう話や
ダウンロードを禁止するとかいう話すらしています。

JASRACに関しては、文化庁の役人が天下りで理事長をしているという
癒着構造が以前から指摘されていますが、全く改善がありません。
こんな組織・団体が主導で著作権について云々する等許し難い事です。

主なIT系メディアの扱いを見てみましょう(6/5の22時現在)。

Yahooでは、インプレスの記事を転載のみでNewsトピックとしては掲載して
いません。探して見つかるものです。

アスキーではこの記事を書いている時点で何も言及していません。
日経デジタルアリーナにはipod情報局というBlogコンテンツがあるにも
関わらず、未だにエントリーがありません。

アップルの声に対して、日本のIT系メディアは沈黙している状態です。
事実関係を調べたり、評論家の意見を聞いているのだろうと思いますが
全くもって悲しい事です。

CNETの記事:
アップル、文化庁を激しく非難--「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」

INTERNET Watchの記事:
アップルが文化庁批判「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」


 NO JASRAC NO 文化庁


テーマ : IT関連
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。