Method Not Found P-51とPicoを比べて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P-51とPicoを比べて

P5102.jpg

Pico売却について、多数の反響を頂きました。ありがとうございます。
この週末にはご連絡させて頂きますのでよろしくお願いします。

さて、本日はP-51も暫く動かしていたのでPicoと比べてみようかなと思います。
Picoは2008年1月6日に到着しました。以来、私の昨年使用頻度No.1となりました。
「私はコレクターではない」ので、沢山持ちません。沢山あっても、使う機会は
通勤時ですから、良いところ2時間無いのです。
山ほど持っていても使う機種は限られますからね。
Off会では多くの機種を聞くことができますが、しっかりと聞き入ることができず
また、半年も待つような機種はそこまで待つつもりが無いので対象外になります。

ということで、今持っているのは C&C XO、Go-Vibe7、Headstage Lyrix Pro USB total、Move、P-51という感じです。おっと、横道に逸れそうなのでハンドルを戻しましょう。

P-51とPicoまずは大きさについて:
組み合わせるiPodによると思いますが、iPod nanoなら前機種である四角なアイツが両者ともに良いのではないかと思います。

sr225picop51.jpg
P5103.jpg

現行iPod nanoですと、こんな感じになってしまうのです。
細長いiPodではちょっと落ち着きがありません(音割れは少し改善されてますよね。

対して前iPod nanoではこんな感じでFitしています。

P1010408.jpg

良い感じですよね? 
重さとしては、Picoの方が重いです。P-51の方が軽量であります。

P-51とPico 聞いている感じはどう?:
ここを気にする人が多いでしょう。

Picoについて:
音場が広い(他の所有機と比較して圧倒的です)
これはPicoの大きな特徴だろうと思います。
さっきこの記事を書く前に久しぶりにPicoを聞きましたが、P-51と比べても
やはりこの広さは一番に思いますよ。

高音については特別の不足を感じません。
P-51と比べてもクリアな気がしています。
荒いという人もいらっしゃいますが、聴くジャンルにもよるだろうし
イヤフォンも何を使っているのかによりますので、ここは個人差部分でしょう。
(私のイヤフォンこそ評価には不適切なのかもしれませんが)

低音については、ちょっと力不足だろうと感じています。
私は低音厨ではないので低音・低音・低音とか騒ぎません。
が、それでも少し不足感はあります。
低音が柔らかいのかもしれませんね。
通勤電車で気になるのかって所では、気になりません。
通勤電車でiPhoneで産経新聞を読みながらお気に入りの音楽を聴く時に
ちょっと低音が・・・等ということは大抵の人が思わないことでしょう。
Rock系の曲で低音強めであれば、Picoでも極端に不足と思わないかもしれません。

ちなみに所有機の中では、Headstage Lyrix Pro USB totalが一番パワフルな
低音を出してくれます。bassコントロールをonにするとちょっと過剰かな~(苦笑)

P1010411.jpg

対するP-51について:
Picoに比べると軽量・小サイズで持ち歩くという意味合いでは非常に良いです。
音に関してみると、Picoと比較すると音場は劣ります。聞き比べるとこれははっきりと認識することが出来ます。大きく劣っている訳ではありません、比べるとわかるという話をしています。そうですね、Headstage Lyrix Pro USB totalと音場は余り差が無いでしょう。

高音も特に不満ないです。
低音については、Picoよりも強いし、タイトな感じを歓迎しています。
で、P-51で気に入っているのは定位感とでもいうと良いのでしょうか
音の方向性が感じられるという印象があります(印象ね、印象)。
Picoの低音改善バージョンがあるなら、P-51は負けちゃうんじゃないかなと個人的には思います。

あ~色々聞き比べていると、Picoが好きなんだなと改めて思いますね。
Pico売却はP-51の方が良いからという訳ではありません。
P-51も近いうちに売却予定があります。

・この記事はこんな曲を聴きながら書いています。・

Billy Joel:Running On Ice
Chris Cornell:You Know My Name
 Picoでも充分低音を満喫できますが、P-51の方がドラムのタイトな感じがします
 その反面でやや音場は狭い気がします。これも定位感の性かも?
akiko:I Want You To Be My Baby
 ノリの良い曲。伴奏に一部カントリー曲を彷彿とさせるバンジョーが入り
 これが良い感じ。冒頭から、Picoの方が音場が広い事を実感させてくれる。
 低音が弱いPicoの方が聞きやすいかもしれない。

偉そうに書いてますが、決して「オーディオマニア」ではありませんので、個人的な印象がベースです。こうした個人の感じたものを共有する事が出来ると多くの不幸なトラブルは防げるのでしょうが、現実には「人の痛み」「人の気持ち」等と同じでそれを「想像」することは出来ても理解するのは無理なお話です。
それができるのが、所謂「ニューry・・・」 おっと脱線脱線(これだからガンヲタは困る)つまる所、ユーザーでしかないです。OFF会の主催はしても、イベントにブースを出すような事もしません(苦笑)。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ポータブルヘッドフォンアンプ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。