Method Not Found P51とPicoでGRADO SR225を聴いてみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P51とPicoでGRADO SR225を聴いてみた



P51第二弾は、ヘッドフォンを聴いてみようです。
実際P51はヘッドフォンも鳴らせるよというのはRayさんの売り文句。
AKG 701鳴らせる! ということだしLowゲインでの利用が主となる
ポータブルヘッドフォンアンプはどこまで鳴らせるのか期待してしまいます。

今回の評価は写真にあるように、愛用のPicoとP51にてGainはHIで比較をしてみました。
比較に利用したソースは、BONNIE PINKのLOVE IS BUBBLE。アップテンポで大変ノリが良い曲なので聴くと元気になります。この曲は余りヒットしなかったそうですが、某映画のテーマ曲だったり自身の映画初出演にも関係している曲です。

P51のLowでは、ちょっと元気が足りません。HIとMEDはそう大した差は感じられません。SR225をしっかり鳴らせています。売り文句に偽りなし。
このサイズでヘッドフォンを鳴らせるのは流石ですね。

じゃ、Pico・・・あら?元気がありません。なんというか、SR225で聴くとパワーと低音不足が目立ってしまいました。PicoはHIゲインがあってもIEM(イヤフォン使用)向きなのでしょう。
元気が無いためにその音場感もさっぱり表に出てきません。

ちょっと味気ないので、久しぶりに取り出したのはHeadstage Lyrix Pro USB total 上記の2製品と違ってBassコントロールがあります。Bassを強化すると大変いい感じ。Bass強化無しだとやや気が抜けた感じP51よりも音は好みでしたが、ちょっとぼわーんとした感じもあります。

調子にのって普段はPC接続しているNuForce ICONとも比較してみました。
ICON実はパワーがありません。この不足を補うためにACアダプターが別に用意されている位でしてかなりボリュームを回さなくてはなりませんでした。ただし、一度適正ボリュームともなれば良い感じの音となります。低音も不足無しでバランスの良い音だと思います。

P51でもきちんとヘッドフォンが鳴らせるということを確認することが出来ました。
ぎりぎりの感じもなく、大変満足。とはいえ、オープンタイプのヘッドフォンしかもっていないので私の利用形態としては、須山カスタムIEMとなってしまいます。ヘッドフォンもそろそろ追加しようかなと考えてしまいました。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ポータブルアンプ P51

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。