Method Not Found 今年最後のポータブルヘッドフォンアンプ到着!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のポータブルヘッドフォンアンプ到着!

ドイツのポータブルヘッドフォンアンプビルダー
Robertさんのブランド「headphonia」へ注文していたアンプが
たった今、ついさっき、Now に到着しました。


思えば、OFF会後に一風変わった物が欲しくて内緒でポッチたのは
11月20日です。一度郵送中の事故があり、行方不明になりましたが
大変親切な対応をしてもらいました。

注文したのは、シリーズ最高の物 Headstage Lyrix Pro USB total
オペアンプの交換が出来る、USB DAC機能付き製品です。
まだ、開腹してませんのでオペアンプは確認してませんが、仕様に
よればAD8397とLM6172ですので、あえて交換しなくてもいいかなとも
思ったりしますが、組み合わせを変えてみるのも一考かと。

ぱっと聞いた印象ですと、ホワイトノイズが気になります。
MOVEやTOMAHAWKからだと気に障る感じです。Mini-3より大きめ。
ですが、曲が掛かるとまぁ気になりません。
非カスタムIEMであれば、もっと気にならないかと思います。

MacBook ProのUSB出力から聞いた感じでは、256のAACの音とは思えない
深みのある音でした。iPodにもUSB出力を搭載して欲しくなりましたね。
この感じはMOVEのUSB DACよりも良いと思います。
(MOVEは現在PCと接続して完全USB DAC用途となっております...)

Bass boostはC&C XOよりも控えめです。極端ではないのは優しい感じ。
CrossfeedはMOVEのMeierさんと揉めた過去がありますが、曲により
効果が感じ易いものとそうでないものがありますのでこの辺りはお好み。

ボリューム操作はし易いです。うん、いい感じです。
前面の操作スイッチ部の配置は再考の必要を感じます。
L字のイヤフォンはきついな~
プラケースなので、とても軽量です。Mini-3よりも軽いのはナイス。
え?高級感が無い...RSAみたいに見た目も充実すると価格が更に100$は
上がりますからね。
この辺りもお好みでしょうか、ノイズはあるがこれはMini-3よりも音はGooood
TOMAHAWKよりも良いです。
MOVEとはやはりクリアかってところで問題ですね。
MOVEはクリアなんだよね~

お写真は順次掲載予定ですが、今夜はLiveに行ってきますので、お待ち下さい。

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ポータブルアンプ Headstage Lyrix

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。