Method Not Found 須山補聴器 カスタムIEM 3Way 2週間経過報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須山補聴器 カスタムIEM 3Way 2週間経過報告

須山補聴器製の3Way IEMのエージングはなんとか200時間
経過致しましたのでその辺りのお話をお届けします。

2007/11/25追記:まだエージングしてた頃の話です
以下の感じ方は5Proベースのカスタム使用から来ている物と思われ
ます。今見るとなる程、5Pro系の感じが気に入っていたのだな~と
エージングの最中も通勤では使用していました。
次第に耳エージングが完成していったのでしょう
追記終わり

持ち帰った当初は、調整していたにも関わらずボーカルは引っ込み気味。
ちょっとバランスが良く無いと思える面もあったのですが、約2週間
200時間以上のエージングを実施することでボーカルが引っ込んでいた
現象は解消されました。恐らくまだ変化があると思いますが、一安心。

20070930095325.jpg


5Proや5Proベースの2Way時代に感じていた高音域の不足感は
この3Wayでは感じられません。ER系が得意とする奇麗な伸びに
大変良く似ています。
5Pro(2Way)でも高音域は結構出ているのですが、やはり低域に
その特色を持っている製品ですから「結構出る」とはいえ不足感が
あったのです。MOVEに繋げるとかなりその実力を堪能できるので
色々と問題のあるMOVEですが、自宅でIEMを使わざるを得ない時には
据え置き使用でも満足できる状態です。

この評価の為に久しぶりに5Proベースの2Wayを数回装着しましたが、
再生を開始すると直ぐにその音場の狭さ、音域の窮屈さ、解像度の低さ
これが明らかになりました。つい2週間前までは、かなりの満足感を
持っていたのに...なんという差なんだろうと驚きます。
ついでに3Stベースのシングルを聞いてみたら...ん~ コメントを控えたく
なる感じです。

空間を感じる部分様な鳴り方はヘッドフォンの鳴り方に近いと感じます。
そうだな、手持ちのヘッドフォンで言うならGRADO-SR225に似てます。
その高音域の鳴り方や低域の感じはかなーり似てます。
流石に空間表現(っていうの?)はヘッドフォンにはなりませんが、
かなり近いという感想があります。

低域用BAユニットは1つですが、AKG K601の様なスカスカな鳴り方では
無いんですよね。中高域に2発ということで最初は懸念していた低域ですが
低音大好き派ではないので俗に言う「獣低音」好みじゃないのなら問題は
無いのではないかなと思います(私専用カスタムなのだから、そういう意味では
問題は無いです)。もしかすると、低音がちょっと出過ぎな部分があるかも
しれません。低音と中域のクロスフィードというのでしょうか、その部分が
アンバランスな気もしますので、これは修正してもらおうと思います。

こういう調整が国内で行えるという部分は大きなメリットです。
UE系のモニター仕様を鑑賞用途に使っていて、不満があっても調整を要求する
のは、かなり難易度が高く時間と費用が余計に掛かります。
そういう意味で安易にモニター用途のUE-11等をスペックを見ただけで購入
してしまう様な事は、「ちょっと待って!」です。

前の記事でも書いたのですが、この3Wayのお陰でRSA TOMAHAWKの
限界が見えて(聴こえて)しまったのは予想していなかった問題でした。
RSA製品のポータブルとしては最も低価格にして、そのバランスの良さから高い
評価を得ているRSA TOMAHAWKですがあのサイズや電池駆動時間による
制約からは逃れられません。高音域はあるレベルでスパっと切られています。
この部分が2Way時代には殆ど分かりませんでした。
スパイラルは果てしない...

テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : カスタムIEM イヤフォン ポータブルアンプ

コメントの投稿

非公開コメント

 zorottoさんの記事に刺激されまして、須山さんにカスタム問い合わせてみたいと思います。しかし、FitEarのページにいってみるとドイツ展示会参加の為、返事が遅れるかもとか。気長に待ってみたいと思います^^。

須山氏は独逸へ旅立ちましたので24日位までは日本に戻りません。
私も調整が先送りになりました。
なんか海外からも問い合わせがあったりして面白い交流ができています。

須山モニター

須山さんに問い合わせたところ
年内はモニター価格で対応していただける
とのことですので手持ちのSE530を捌いて
入手する予定です~
本当は先週インプレッション採取予定だったのですが耳の奥に腫れ物ができてしまい
先送りになっているんです
須山さんは今ドイツなんですね~
戻ってきてからの製作でしょうが
大体どれくらいかかるものでしょうか?

価格については、ここでは書けません。
モニター価格が提示されているのは、ある意味非常な幸運だと思いますよ。

Triplefi.10proに近い金額だとお考え下さい(上ですが)。見積もりを取るのは当然の権利です。伝聞ではなく、自分で確認すべき事だと思いますよ。

スイマセンどれくらいかかると言うのは
金額でなく制作期間です。
金額についてはもう提示頂いているので^^;
わかりづらい文章で申し訳ありませんでした

お金の事ではないのですか?
ちょっと分かりませんでした...

制作期間についても私は分かりません。
オーダーが多いか、少ないか、以前に耳型を取ってある場合には結構早くて数日で出来てしまった事もあります(2Way3Driverは数日)。
これも直接問い合せて頂かなければわかりません。

素材について

カスタムイヤホンについて調べていたらこのブログに行きつきました。そこでちょっとお聞きしたいことがあるのですが須山カスタムはどのような素材で出来ているのでしょうか?

固いプラスチックでしょうか?それともシリコンのような素材なのでしょうか? FitEarのページ内のイヤーモールドについてのページではシリコンを使用しているので長時間の使用でも疲労感がないという記述があったのですが、カスタムイヤホンの写真を見る限りシリコンではなさそうなのでどうなのか疑問に思っておりました。 

本来ならば直接問い合わせるべきなのでしょうが、まだ現段階ではカスタムイヤホンを買うと完全に決めたわけではないので、それを聞くためだけに問い合わせるのはどうも気が進まずこちらに質問した次第です。 ご教授のほどお願い致します。

須山カスタムの素材についてですが、シリコンではありません。
プラスチックというか、やや固い樹脂製品です。この為落下させたりするとちょっと怖い事になります。
FitEarにある、シリコンものは私の使用している音楽ものとは異なります、

そうですか・・わざわざお忙しい所こんなくだらないことを教えていただきありがとうございました。参考になりました。
プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。