Method Not Found PenguinAmpってなんだ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PenguinAmpってなんだ?




head-fiをうろうろしながら、新型Ampを物色するのは買い物を
する以上に楽しかったりもします(危険ともいう)。
今日はそこで見つけた超イカスアンプを紹介したいと思います。

これ、実際に存在するミントの缶を使って作られているのです。




PenguinAmpさんでは、ミントも売ってます。
ミントは2.75$なのに送料が7$以上とか泣けますが、彼らは本気です
(うん、絶対本気)。
ミントを製造販売しているWebSiteを見に行くとミントにはチョコレート味、
シナモン、ペパーミントがあり、ガム製品もあります。
ガムは当然、今時の時勢を反映してかノン・シュガー!
やや重いサーバですが、このペンギン社のパッケージはナイスなデザインで
あることが理解できると思います。

このCoolなパッケージを使って作られたアンプの仕様を見てみると...

The "Caffeine" Amp


- AD8397 opamp  オペアンプは8397!
- 2x TLE2426 railsplitter
- black circuit board with golden letters 基盤に金文字表記!
- toggle switch by NKK Nikkai
- blue low current LED in a silver housing
- Alps volume potentiometer
- 1% SMT resitors thin film type
- trickle charing using LM317 constant current
- big 1500µF power cap (FM series by Panasonic)
- 9V battery connector by Keystone
- 2.44" wide X 4.45" long X .95" thick (62 X 113 X 24mm) including knob



オペアンプにAD8397ってだけでもパッケージだけではない意気込みを感じます。
キャパシタの容量が倍近くある「Royal」モデルでも99$(残念ながら売り切れ)。
通常版というべき「Caffeine」でも69$ということで非常にそそられる製品です。

自作派の皆さん、どうでしょうか? 非常に面白いアプローチをしている
ペンギンアンプさん刺激となるのでは無いかと思います。

head-fiでのペンギンアンプレビュー(非常に情報量豊富)


テーマ : iPod
ジャンル : コンピュータ

tag : ポータブルアンプ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。以前メールで何回かお話したことが…あったと思います。

このPENGUINの缶ケースに似たケースを使ったお菓子で、
ALTOIDSっていうタブレットを買った事がありますが、
これ、結構気をつけて使わないとすぐへこんじゃうんですよねぇ。

でも、こういう製品を作ろうって思ったアイデアはすごいですね。

他の部品も豪華ですね!
スイッチは超高信頼の日本開閉器工業株式会社のスイッチを採用!
ここはかなりポイントが高いですね。
スイッチの感触はすごくいいと思います(笑

おや、Usaginさん。いらっしゃい。
とてもキュートな製品なのでとても欲しくなってますw。
無骨なパッケージの多いなか、ライトユーザーにも価格、音質的にお勧めしやすい感じでそのうち数台輸入しようかな

ALTOIDSでググってみたら、このパッケージも懐かしいアメリカ風グラフィックなんですね。
ケースを使った制作物のコンテスト等もしているのはユニークです。MP3プレイヤーとかモールス信号読み取り機とかピンホールカメラなどの記事がCNETにありました。面白いですね。
プロフィール

zorotto

Author:zorotto
そこそこ仕事人
そこそこ趣味人
Twitter
Flickr
Tumblr

最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Appendix
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。